コーヒーメーカーにもいろいろな種類があります

バナー

コーヒーメーカーにもいろいろな種類があります

「コーヒーメーカー」とは、お湯を沸かしてコーヒーを抽出するための電化製品です。


以前は、ドリップ式のものが一辺倒でしたが、最近ではエスプレッソ式、ミル付で豆を入れると自動的に挽いてくれるもの、コーヒーが一回分毎のカプセル式になっていているものなど、いろいろなタイプがあります。



当然のことながら、ドリップ式・エスプレッソ・カプチーノなど好みのコーヒーが飲めるか、手軽に飲めるか、コーヒーを飲んだ後の始末が容易かどうか、一長一短です。
コーヒーメーカーを購入するときには、その点をよく考えて購入しないと、後で持て余すことになる可能性があるので、注意が必要です。

日本経済新聞についての情報はこちらです。

最近話題になっているのは、ミル付きのものやカプセル式のコーヒーメーカーでしょうか。

ミル付きのものだと、コーヒー豆を直接入れればオーケーなので、新鮮なコーヒーが毎朝手軽に飲めるという利点があります。ドリップする前に毎回コーヒー豆を挽く手間がない、あるいはあらかじめコーヒー豆を挽いておいて酸化しやすい状態で保存する必要が無い訳です。

法人タブレット情報を利用してみませんか?

これに対して、カプセル式は既に粉になってカプセルにパックされたものをセットするだけで、美味しいコーヒーが飲めるのですから、手間がいらないといっても方法は対照的です。

コーヒーを淹れる仕組みから考えると、カプセル式のものは1~2人のコーヒーを楽しみたい場合、ミル付きのものはそれより多人数のコーヒーを一度に淹れる場合に向いているように思います。

Copyright (C) 2016 コーヒーメーカーにもいろいろな種類があります All Rights Reserved.