家庭でコーヒーマシンを扱う際の衛生管理について

バナー

家庭でコーヒーマシンを扱う際の衛生管理について

コーヒーマシンは自動的にコーヒーを抽出できる機器で、一般的なコーヒーメーカーと比べて温度の調節や複数の抽出方法を選択できるなど多彩な機能を搭載しているのが特徴です。飲食店だけではなく近年では一般の家庭でも広く普及していますが、コーヒーマシンは用途の性質上、消費電力量が多いので光熱費が嵩みやすい点を注意する必要があります。

また、機器の内部に湿気やコーヒーの搾りかすなどの汚れが付着しやすいのでこまめな清掃が不可欠です。

Yahoo!ニュース情報がさらにわかりやすくなりました。

そのため、家庭で使用する際は管理が容易な造りになっている製品を選ぶことが長く使い続けるための条件になります。コーヒーマシンは機器の内部にある電熱器で水を沸騰させてコーヒーを抽出しますが、水を通すパイプやコーヒーの注ぎ口が最も汚れやすい傾向があります。
また、部品が小さいので汚れを取り除くのに手間がかかる点も併せて注意します。



コーヒーマシンの清掃は電源を切ったうえで内部を洗浄するのが一般的な方法ですが、電子部品に水が触れると故障の原因になるので必ず説明書の記載内容に沿った方法で作業を行うように心がけます。

法人タブレットのための情報を提供するサイトです。

特に中古品の場合は説明書が付随していないことも多いので、清掃を行う際は製造メーカーに確認することが大切です。
洗浄した後のコーヒーマシンは内部に湿気が籠らないように清潔な環境の中で乾燥させます。

また、洗剤を使用した場合は匂いが残らないように入念に洗い流しておくことが美味しいコーヒーを楽しむための心得です。

Copyright (C) 2016 家庭でコーヒーマシンを扱う際の衛生管理について All Rights Reserved.